スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラクタル 最終話「楽園」 感想 
フラクタル最終話感想です。

fractale-0sdjhi.jpg

すみません、記事の更新がとんでもなく遅れてしまいました。
アニメの感想です。フラクタルです。最終話です。

フラクタル・システムを生み出した答辞の科学者たちは、神を肉体と魂とに分けて「鍵」とした。
それから700年いざ邂逅の時が来てみると、何故か「鍵」は「鍵穴」にはまらなかった。
そこで神に再び降臨していただくことにした。
フラクタル・システムを再起動するために。
神の魂は10歳のものだったので、われわれは肉体のかけらから10歳の「器」を再生し、魂を入れ込む作業を行った。
しかし、これもうまくいかなかった。何度試しても、神は目覚めなかったのだ。
そのため、多くの「肉体」、すなわち「多くのフリュネ」が犠牲となり、廃棄されたのだ。
フリュネはパパに引き取られたうちの1体だったのです。
そして、10歳の神の年齢は、フリュネと同じ、16歳だったのです。
な、なんというー(´・ω・`)
最悪パパ、フリュネを話せコンニャローと思っていた矢先に…

パパ、刺されました~( ´р`)

フリュネ、やっちまったな☆
あ、でもなんか様子が変ですね…あ、悲鳴あげてどっか走って行っちゃいましたね。
クレイン、固まっちゃったし…ネッサが壁を通り抜けて走っていったフリュネのもとへ駆け寄ります。
フリュネはパパの血がついた自分の手をみて「消えない消えない消えないっ…っ!!!」と涙まじりにそう言っていると、そこにネッサが。

fractale-0ih.jpg

ネッサ…いいこね((泣
感動しました。
そんななか、なんか唄がきこえますね…一体どこから?

一方、硬直していたクレインは、どこかを走っていました。
パパの幻覚まで見てしまって…大丈夫かな。
エンリたちと合流し、スンダにも合流。
スンダが言うには、アラバスターは自爆覚悟で僧院をぶっ壊し始めたらしいって…なーにをーっ
ダナンが危険だというので、エンリたちにすぐに戻って船を脱出させろ、という。
えぇッ!!!!それじゃあスンダは…やるべきことがあるそうです。
スンダかっこいいですね。エンリとの会話で感動した…
クレインとスンダは2人で唄のきこえてくる方向へ突っ走ります。

そこにいたのは、儀式を受けているフリュネとネッサ。
フリュネは自分で「鍵」となることを選んだのだ。
そこにディアスが。いきなりモーランに抱きついたときはビックリしましたw
そして爆発。2人はフリュネたちのもとへ。
そのとき……スンダが撃たれます。
そしてエレベーターのような乗り物に3人を乗せ、スンダは戦場に残ります。

一方、船のなかで指揮を執るエンリは強がりながらも、本当はスンダのことで泣いていたのです。
悲しいなぁ…ここで涙はんぱなかったなぁ。

そして神。
あれ、普通の女子高生だ。
「今こそ、大切な人たちを守ってあげたいの」という。
ネッサこのままだと消えちゃうかもだからなぁ。

そしてフリュネとネッサが一つになる瞬間。
2人はあの流行歌を歌いながら、光に包まれる。



フラクタル・システムの再起動から1年が経った今。
ロストミレニアムのみんなは畑仕事してましたね^^

あれから1年。僕の生活で変わったことは、家で炊事をするようになったこと。
そして…………あれ以来、2人はずっと眠り続けている。

そんな時!
「う~ん」と、体を起こし、目を覚ますフリュネとネッサ。
体が一つになったため、外見はフリュネ、中身はネッサのようになってしまったのだが。
そして「クレイン」「ん?」「ありがとう。」

fractale-0dj.jpg

「クレイン、私もクレインのことが好き。出会ったときからずっと好きだった。」

「わたし、今幸せ!」

クレインはフリュネを抱きしめる。泣きながら。

fractale-0jsj.jpg

「おかしなクレイン。まるで、赤ちゃんみたいだわ」
「ハハハ…」
ロストミレニアムのみんなと撮った集合写真が映し出され…


おわり。


やばかったですね…今回めっちゃ泣いた。
スンダのところから最後まで泣いてましたw
もう鼻水もやばいし…これで最後だと思うと本当に寂しいですよね。

本当にいいアニメを見ました。
よかったです、1話から見ておいて^^

14日からノイタミナ枠で始まる「C」にも期待ですね!
CMだけでグッときました。

では。
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nakiami00.blog112.fc2.com/tb.php/398-49b2f187

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。