スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★屍鬼 6話『第髏苦話』 感想★ 
第髏苦話の感想です!

shiki-1_20100814152502.jpg
前回のつづきで、夏野が恵からの暑中見舞いのハガキを障子の外へ破り捨て、その破り捨てられたハガキを恵が取りに来る…という出来事が!
恵は最初、泣いていて、「あ、この子本当可哀相だな」とか思っていたんですが。
恵はなにやら悪いことをまた考えたのではないでしょうか?
shiki-4_20100814152500.jpg
夏野は障子の外に目をやると、破り捨てたはずのハガキが少し少なくなっていることから、恵が来た。と察知して少しも驚きの様子は表さなかったのですが…
そして夏野は、吸血鬼のことやらなんやらを調べ始めることに。
shiki-2_20100814152501.jpg
ホラービデオ見て何かわかるとおもった夏野くんがかわいくて仕方ありませんw
それから図書館に行って吸血鬼についての本を探しますが、1冊もなく、それに関しての本は静信が借りているという。

shiki-5_20100814152500.jpg

!!?www

ごめんなさいw
おばさん達が話しているところ、こんな人が出てきたもんですからw
いや…でも……ヅラでしょうねw


まぁ、そんなこんなで第髏苦話は、前回図書館の人に襲われた正雄の死、宗貴と智寿子の息子である博巳の死…
最後には兼正が怪しいと、かおりと昭が屋敷を調べようとする背後に辰巳の姿が。

これからどうなっていくのか、とっても気になります!
次回も楽しみです!
スポンサーサイト
 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://nakiami00.blog112.fc2.com/tb.php/182-e2331c37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。